不動産投資利回りの計算方法とは?

query_builder 2023/09/09 査定 費用

不動産投資に興味がある方にとって、利回りの計算は非常に重要な要素です。不動産投資の利回りとは、物件に投資した資金がどれだけの利益を生み出すかを示す指標です。具体的には、物件の年間収益を投資した資金で割ることで求めることができます。 利回りの計算方法は比較的簡単ですが、それでも重要なポイントを押さえる必要があります。利回りは物件の評価や収益性を判断するための指標となるため、正確な計算が求められます。計算方法にはいくつかのバリエーションがありますが、一般的には物件の年間収入を物件の購入価格で割ることで利回りを算出します。 具体的な計算方法を理解するためには、一つの物件の利回りを具体的に計算してみることがおすすめです。物件の年間収入や購入価格、固定費などの情報を元に利回りを算出し、その結果を分析することで、不動産投資の魅力やリスクをより深く理解することができます。

不動産投資の利回りとは

不動産投資の利回りとは、不動産を購入または買い戻す際に得られる利益の割合のことです。利回りは投資家にとって重要な指標であり、将来の利益を見込むための参考となります。

利回りは通常、年間の利益を元本に対して発生した投資額で割ったもので計算されます。具体的には、物件の購入価格や建設費、維持費、管理費などの費用と、毎月の賃料収入や売却時の予想売却価格などの収入を考慮して計算します。

利回りは高いほど投資効果が高く、投資家にとって収益性の高い不動産と言えます。ただし、利回りには注意が必要で、投資先のリスクや需要動向、地価の変動などの要素も考慮する必要があります。

不動産投資の利回りを計算することで、将来の収益を予測し、投資の合理性を検証できます。例えば、自己資金とローンを組んで不動産投資をする場合、予想利回りを計算することで、返済に耐えるだけの安定した収益が見込めるかどうかを確認することができます。

不動産投資の利回りを正確に計算するためには、市場の動向や需要予測、物件の立地や状態など、様々な情報を入手し分析する必要があります。さらに、各種費用や収入を正確に把握し、それらをもとに計算を行うことが重要です。

不動産投資の利回りが高ければリターンも大きくなりますが、それだけにリスクも高まります。利回りの数値だけで判断せず、総合的に見て投資のリスクとリターンを評価することが不可欠です。

不動産投資の利回りは投資効果の指標として重要な役割を果たしますが、投資家にとっては将来の収益を予測するためのものです。計算方法をしっかり理解し、慎重に計算することが肝要です。

利回りの計算方法とその重要性

不動産投資をする際に知っておかなければならないのが、利回りの計算方法です。投資利回りは、物件の収益性を測る指標として非常に重要です。

利回りは、物件の年間収益を物件の購入価格で割ることで求められます。具体的な計算方法は、「年間収益 ÷ 購入価格 × 100」となります。

この利回りの計算方法を知ることで、物件の収益性や投資の有効性を客観的に判断することができます。また、異なる物件間の比較も容易に行うことができます。


利回りには大きく2種類あります。「表面利回り」と「実質利回り」です。


表面利回りは単純に年間収益÷購入価格×100で算出します。

一方、実質利回りは「(年間収益ー経費)÷購入価格×100で算出します。

実質利回りは現実的に得ることのできる収益から計算しますので、投資家にとってはこちらの方が重要であると考えられます。


利回りの重要性は、投資の成否を判断する上で大きな役割を果たします。高い利回りを持つ物件は、投資効果が高く、収益性が期待できることを示しています。逆に、利回りが低い物件は、投資の失敗リスクが高いことを意味します。

利回りの計算は、物件の購入前に行うことが重要です。物件購入後に利回りを計算しても、投資の成否を見極めることはできません。また、投資利回りは将来の予測に基づいているため、確実な数字とは言い難いです。

利回りの計算方法を十分に理解し、物件の収益性を見極めることで、不動産投資の成功率を高めることができます。購入前の十分な情報収集や計画的な投資を行うことが重要です。

一つの物件の利回りを具体的に計算してみよう

不動産投資利回りの計算方法とは?

不動産投資を行う際には、利回りを計算することが重要です。利回りとは、不動産の収益性を示す指標であり、投資の収益性を判断する上で欠かせません。

一つの物件の利回りを具体的に計算する方法はいくつかありますが、代表的な方法として、年間の収益を物件の価格で割る『総収益利回り』があります。具体的な計算方法は以下の通りです。ちなみに実質利回りを計算します。

まず、物件の年間の賃料収入を計算します。これには、物件の月々の賃料収入を12か月分にすることが必要です。次に、物件の年間の経費を計算します。物件の維持費や管理費、税金などの経費を合計する必要があります。

その後、賃料収入から経費を差し引いた額を年間の純収益とします。最後に、年間の純収益を物件の価格で割り、100倍して利益率を求めることができます。これが物件の総収益利回りとなります。

例えば、物件の賃料収入が年間200万円、経費が年間100万円の場合、純収益は100万円となります。物件の価格が3000万円だった場合、利益率は約3.3%となります。

このように、一つの物件の利回りを計算することで、投資の収益性を評価することができます。ただし、利回りだけで判断するのではなく、投資のリスクや将来の見通しも考慮する必要があります。

利回りによる投資物件の注意点

これまで述べさせていただいた利回り計算での不動産投資判断からすると、高利回りであれば優良な物件で、低利回りであればリスクの低い物件ということになりますが、不動産の場合利回りが高いから優良物件であるとは一概には言えません。


一般的に市内の利便性の高い物件や人気エリアの物件=地価の高い物件ということになります。その為、そもそもの購入価格は高くなります。

また、地価の低い物件は購入価格が安くなります。


例えば極端な例ですが、同規模・同条件で物件A(地価の高い物件)が取得価格1000万円、物件B(地価の安い物件)が500万円、家賃収入(年間150万円)、経費50万円とします。


利回り計算をあてはめますと、

物件A→(150万円ー50万円)÷1000万円×100=10%

物件B↔(150万円ー50万円)÷ 500万円×100=20%

利回りは物件Bの方が高いのでこちらの方が良い物件であると判断しがちです。


しかしながら不動産はそのエリアや物件の状況により価格が全く違いますし、将来的な価格についても変動します。

人気エリアは需要が高い為、もし再販売をかけたとしても早期売却が見込めますし、価格に関しても見込みがたちやすいです。地価の安いエリアは再販売の場合、売却に苦戦するかもしれません。


その為、不動産投資の場合、地価の高い人気エリア程利回りは低くなります。

目先の収益と利回りだけでなく、将来的な出口戦略が重要であると考えられます。



最後に

不動産の売価客価格を決定する場合、近隣の取引事例は重要な要素ですが、その不動産の収益性も勘案する必要があります。

単純売却だけでなく、もし物件を賃貸した場合、いくらで貸せるかという点を確認し利回り計算したうえでの価格と比較することで、その不動産の価値がより正確なものになってくると考えられます。


検討する時には情報は一つでも多くあった方が決断しやすいと思いますので、不動産をご売却される際は是非参考にしてください。

----------------------------------------------------------------------

株式会社光徳

住所:京都府京都市中京区聚楽廻東町5番地

電話番号:075-200-3893

----------------------------------------------------------------------

NEW

CATEGORY

ARCHIVE

TAG