Q&A

よくある質問

よくある質問

安心して当社がご提供している様々なサービスをご利用いただくために、お客様からよくある質問をQ&A形式でご紹介いたします。サービスご利用にあたって疑問やご不明点がある場合は、疑問解消としてお役立てください。詳細について直接問い合わせをしたい場合は、お電話や専用フォームより承っております。丁寧な対応を心がけておりますので、お気軽にご相談ください。

Q 不動産の売却完了までの流れを教えてください(6)⑤決済(残代金支払い及び所有権移転手続き)
A

売買契約締結後、買主の支払い状況が整ましたら売主・買主双方の日程を合わせて決済(残代金支払い及び所有権移転手続き)をおこないます。

基本的に物件引渡し日となりますので売主側も付帯設備表に記載の通り家屋内等の動産類を撤去及び残置を完了しておく必要があります。

決済日当日売主側の必要書類は以下のものとなります。

➀実印

 買主に引き渡す為の売渡証書に押印する事になりますが、必ず実印が必要です。

②印鑑証明書

 実印が間違いなく実印である事の証明の為に必要です。(区役所で取得可能です)

③住民票(場合によっては戸籍の附票)

 登記簿上の売主住所地と現在の住所地(印鑑証明書登録の住所地)が違う場合に必要となります。

④権利書(登記識別情報)

 買主に渡す書類で最重要のものです。

⑤通帳

 代金支払いを振込で受ける場合は振込先の通帳が必要です。

⑥鍵

 意外と忘れがちなものが鍵です。所持している物件の鍵はスペアを含めて全て買主に渡します。

⑦必要経費のお金

 決済時に売主は司法書士に売渡証書作成費用と仲介業者に仲介手数料を支払う必要がありますのでご用意ください。

⑧銀行印

 銀行から必要経費を引き出す場合は必要です。(金額によってはカードでも可)

⑨領収証

 売買代金の受領分と固定資産税・都市計画税精算金の受領分のものです。

 仲介業者が用意しているケースがほとんどです。

⑨その他買主に引き渡すべき書類

 建物の築年数が比較的新しい場合は新築当時の建築確認が残っている場合があります。

 境界線の確認書類:隣地と立会をされた経緯がある場合引継ぎする書類の一つです。

 その他隣地との覚書等

 とにかくその物件に関連するものは全て買主に渡せるように準備しておきます。


決済日当日は買主指定の場所(銀行の場合が多いです)に行き、登記関係の手続きを行い代金の支払いを受けます。

*登記手続きに関しては専門家の司法書士が立会いますので、その指示通りに動けば問題ありません。

上記手続きが完了しましたら、領収証の交付と鍵・その他書類を買主に渡し、必要経費をそれぞれ支払って決済完了となります。


*売買契約の金額が物件を取得した当時と比べて高く売れた場合、譲渡所得の課税対象となりますので年度末の確定申告の際に納税が必要となりますのでご注意ください。


以上が売却の流れとなります。





Q 不動産の査定価格(販売価格)と買取価格の違いを教えてください
A

査定価格は不動産会社が現地調査や市場調査等を行い一般市場で売れると考えられる価格を言います。あくまで不動産会社の意見価格となりますので必ずしもこの価格で売れるとはかぎりません。

一方で買取価格は不動産会社が直接その不動産を買い取る価格の事をいいます。査定価格と比べると低くなりますが、確実に売れる価格であるといえます。

時間がかかっても高値で売りたい場合は査定価格、早く売却してしまいたい場合は買取価格というように、ご自身の売却方針によって依頼内容を選択しましょう。


< 1 2 >